プレイしたら死にそうなサイコホラーOFFERING APPデモ版がSteamで配信開始

最新ゲームニュース

タイトルは冗談ですが、インディーデベロッパーunvoid氏が手掛けるなんとも不気味なホラーゲーム「OFFERING APP」のSteamストアページが2022年5月9日オープン、デモ版が配信されました。

本作は鉛筆で描かれたような箱庭世界が舞台となるサイコロジカルサバイバルホラー。デモ版をプレイしたところではいまいちゲームシステムはわからなかったものの、高難易度で様々なパズル要素、ミニゲームがあるタイトルになるとのこと。

Steamより

本作は一見すると、普通のホラーゲームのようにも見えますが、開発者の振る舞いがなんとも不気味。彼はコメント欄にて、

I DIDN’T WANT TO MAKE AN “OFFERING APP” SORRY 😭😭😭 THEY CONTROL ME. THEY told me what to do. SORRY I DIDN’T WANT 😭😭😭

「僕はOFFERING APPを作りたくないんだ、ごめんなさい。彼らは僕をコントロールしているんだ。彼らは僕になにをすべきか教えてくれた。ごめんなさい。本当は望んでいないことなんだけれど」

とコメントしていたり、

ゲーム内容を紹介した後の項目「Be a Good EGG」(信頼できる人へ、的な意味か?)にて、支離滅裂な感じで

You know those voices in your head. The whispers. The intertwining. There’s no stopping them. I’m not crazy. I don’t just hear. I see them. They come in sleepy paralysis. I made a deal. I hardly had a choice. At first I was even glad. I can’t reveal to you the meaning of the application, I can’t say more than I need to say. Sometimes I was very scared for what I was doing. Sometimes it hurt. Sometimes tormented by doubts about how wrong it is. You just have to accept it as entertainment. See for yourself. Some they will pick out as mascots.

大意(機械翻訳のものを意味が通るように若干構成しています)

「あんたは声たちがあんたの頭の中で聞こえることを知っているか。そのささやき。その絡み合う声。誰にも止めることはできない。僕もそれが聞こえるんだ。でも、くるっているわけじゃない。だって声だけじゃなくて、彼らの姿が見えるからね。彼らは僕が金縛りになっているときにやってくるんだ。僕は取引をした。選べる手段がなかったんだ。そしてOFFERINGAPPを作り始めた。最初はそのことに喜びすら感じていた。でも、時に痛みを伴ったし、時に僕は間違ったことをしているんじゃないかと恐怖を抱いた。

あんたにこのアプリケーションの本当の意味を教えることはできない。あんたはこれをエンターテインメントとしてしか受け入れられないだろう。これがなんなのかは自分の目で確かめてくれ。(そうすれば?)彼らはマスコット(縁起の良いものといった意味もある)として、選んでくれるだろう。

なんてことが書いてあります。パラノイア的な恐ろしさを感じさせる文章です。(ちなみにロシア語圏の方らしく、単純に文法が支離滅裂なだけかも)

ちなみに、制作者であるUnvoid氏は自身のYoutubeやTwitter上にて、不気味な音楽作品や映像作品を定期的に投稿しています。動画を見ると20代前半の男性らしいこともわかります。かなりのイケメン。

本作はそんなunvoid氏がアセットなどは使わず、音楽、キャラクター、背景の全てを制作している模様。このあたりの力の入れようもなかなかのものです。

こんなunvoid氏、SNSなどでカルト的な人気を集めているかというと、現状そんなことはないようです。先ほど紹介した両SNSともにフォロワー数は二桁。

数百数千くらいなら言っていてもいいようなできなのですが、そんなこともなく。

ここまででみられるもろもろのもの、演出した狂気ではなく、本物なのではないかとを感じずにはいられません。

ちなみにデモ版はプレイ不能といった出来です。不気味な卵のキャラクターが存在する場所にプレイヤーは突然放り出され、ただうろついていると一面真っ白でどこにもたどり着けない場所に到着し、そこでゲームが終了、もとい、終わらせられないのでタスクマネージャーを起動させるよりほかなくなります。こちらもなんだか演出されているようで不気味。

果たして、これらの「不具合」は個人製作者ゆえの拙さなのか。ところどころに感じられる狂気は作品に対する「熱意」の裏返しなのか。完成品は単なるエンタメ作品になるのか。それとも狂った作者の「何か」を見せられているのか。

サイコロジカルサバイバルホラー「OFFERING APP」は2022年秋に発売予定です。


その他記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね !

コメント

タイトルとURLをコピーしました