007ゴールデンアイ アステカ遺跡のスピードラン世界記録が4年ぶりに更新

映画007シリーズをモチーフにした、FPSゲーム「007ゴールデンアイ」は1997年任天堂64専用ソフトとして発売された。Doomやウルフェンシュタインとならぶ、FPS初期の名作であり、日本での販売本数こそ振るわなかったが、全世界で800万本以上という大ヒットを記録した作品だ。

当時としてはハイクオリティな3D マップ、スパイ映画である「007」をモチーフにスニークアクションを取り入れたスタイリッシュなつくりなど、ゲームとしてのクオリティの高さから、発売して20年以上たった今でも多くのファンに愛されている。

そして、スピードランナーたちにとってはスピードを競い合う格好の題材でもあった。今でも数多くのスピードランナーたちがステージ記録のスピードを競い合っている。そんな007ゴールデンアイのスピードランの世界記録が塗り替えられ、話題を集めている。

記録を更新したGus Rio氏の動画

世界記録が更新されたのは映画「ムーンレイカー」をモチーフにした隠しステージ「アステカステージ」だ。最高難易度「00Agentモード」のクリアタイムだ。同ステージはゲーム内で最高難易度として知られ、それを00Agentモードでクリアするだけでも、一般のプレイヤーにとっては困難といわている。

これまでの記録は2017年9月10日にLuke Szklarz氏が1分35秒が最高だった。以降新しい記録は登場していなかったのである。だが、7月31日、Gus Rio氏というスピードランナーがそれを1秒更新する1分34秒のタイムでクリアした。

素人から見ればたった1秒の記録更新だが、これは「007 ゴールデンアイ」のスピードラン史に残る歴史的な快挙だったのだ。なぜかというと、Gus氏はそれまで不可能と考えられていた方法を使い、記録を打ち立てたからである。

最高難易度である00Agentモードでは、5回攻撃を受けるのみでプレイヤーキャラのボンドは命を落としてしまう。ただでさえ難しいのに加え、アステカ遺跡のステージでは終盤、ボンドがタレットや多数の敵から集中攻撃を受け、必ずダメージを受けてしまう場面が存在するのだ。

これまでプレイヤーが操るボンドの命を助けていたのが、マップにある体力を2倍にするアイテム「ボディアーマー」だった。

ボディアーマーは命綱ではあるが、使用するためには数秒が無駄になってしまう、スピードランナーたちにとっては目の上のたんこぶのような存在でもあった。しかし、多くのスピードランナーたちが、ボディ―アーマーを使わずに、アステカ遺跡をクリアすることを目指していたのだが、その方法は20年以上発見されてこなかったのだ。

しかし、ここ数年で何名かのランナーが最後にタレットがボンドを狙い打とうとする場面で、タレットがボンドに気づくギリギリまで引き付けてから後ろに下がり、直進すると、ボンドに攻撃が当たらないというボディアーマーを使わずにすむ、という抜け道を発見。

Gus氏がその方法を使い、世界記録を更新したのである。歴史的な発見にスピードランナーたちは狂喜しているようだ。

新たなメソッドが発見されたアステカ遺跡00Agentモードスピードラン。今後どのような記録が登場するのか、注目である。

この記事が気に入ったら
いいね !

コメント

タイトルとURLをコピーしました