最新ゲームニュース

1991年版の任天堂カレンダーが地下室から発見 時代を感じさせる奇妙な姿のサムスは必見

更新日:

スポンサーリンク

1991年版の任天堂カレンダーが28年の時を経て奇跡的な状態で発見され話題を集めている。

アメリカ任天堂の公式ライセンスを受けた1991年版のカレンダーを発見したのはアメリカのソーシャルニュースサイトRedditユーザーのu / Otakulad氏。彼は自宅の地下室から、奇跡的な状態のカレンダーを発見。同サイトでその画像を共有した。画像にはすでに900近いコメントがついており、ファンの興味の強さがうかがい知れる。

出典 Otakulad

 

同氏はReddit内でカレンダーの毎月の画像を公開。一見するとパチモンのようでもあるが、れっきとした認可を受けた商品。時代を感じさせる当時のキャラクターの姿を見ることができる。端正な顔立ちでないリンクやビット仕様のマリオ等、これだけでも十分楽しめそうな逸品だ。

とりわけ、サムスは何が起こったのかわからないほどの奇妙な見た目である。まだスーパーメトロイドが発売される前とは言え。せっかく紙に起こすのだから、ファミコンの画面は越えてほしかった。

ちなみにこちらの1991年カレンダー実は年度が違う以外は日付が全く2019年と同じこと。カレンダーの画像を公開したu/Otakulad氏も現在自分でカレンダーを使用しているそうだ。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします。

アドセンス

アドセンス

-最新ゲームニュース
-

Copyright© スーパーファミコン第二世代 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.