海賊版サイト「Rom Universe」すべての任天堂関連データを破棄する命令が下る

「ロムユニバース(Rom Universe)」は任天堂ソフトを中心にゲームの海賊版のロムデータを配信していたサイトだ。すでにニューヨークに拠点を置く、任天堂アメリカ法人「Nintendo of America」が2019年にロムユニバース運営者でありロサンゼルス在住のマシュー・ストーマン氏(Matthew Storman)を損害賠償金1500万ドルと同氏の「ロムユニバース」所有と運営を禁止(差し止め命令)を求めて提訴。2020年にロムユニバースが閉鎖されたことなどを受けて、差し止め命令は却下されたものの、2021年5月には215万ドル(日本円で約2億3500万円)の損害賠償金の支払いを命ずる判決が下っている。

ここにきて、さらに新たな命令がマシュー氏に下されたようだ。海外メディアkotakutorrentfreak

などの報道によれば、マシュー氏が月額50ドルの分割で支払いを命じられていた賠償金の支払いを怠っていたことや、ロムユニバースの再開を示唆するような発言をしたことなどをうけ、カリフォルニア州連邦地方裁判所のコンスエロ・マーシャル判事は8月5日、マシュー氏に対してすべての無許可のの任天堂ゲーム、または映画、書籍、音楽を含む任天堂の知的財産のその他の無許可のコピーを永久に破棄することを命じた。

加えて、8月17日までにこの命令に従うこと、8月20日までに命令に従ったことを証明する書類を裁判所に提出することを求めている。従わない場合には偽証罪に問われる可能性もあるとのことだ。

 

裁判資料 https://storage.courtlistener.com/recap/gov.uscourts.cacd.758131/gov.uscourts.cacd.758131.88.0.pdf

 

 

この記事が気に入ったら
いいね !

コメント

タイトルとURLをコピーしました