メガドライブ 互換機まとめ 口コミから不具合なども紹介

メガドライブ互換機ガジェット
引用Analogue 公式サイト

メガドライブミニ2の発売日が10月27日に決定しました。1では含まれなかったメガCDのタイトルも結構含まれているとのこと、個人的にはルナシリーズが入っていてほしい。

という話はおいておいて、独自の映像端子、電源周りの仕組みなどから年々値段が高くなっているメガドライブ実機。ソフトをたくさん持っているけれど、なかなか遊べないなぁという方もいるかもしれません。そんなときに役立つのが互換機。個人的にも気になっていたので、メガドライブ互換機にはどんなものがあるのかまとめて紹介していきます。

複数対応機種である、レトロフリークはこちらの記事にて、詳細をまとめています。

スポンサーリンク

メガ・レトロン HD ハイパーキン

レトロゲーム互換機の開発で知られるハイパーキン社の一台。アマゾンなどで通常販売されているものの中では最も、評価が高めのタイトルです。

互換機というと不具合が多くて、1,2というひどい評価が付くものも多いのですがこれは4.3ぐらいとかなり高めとなっています。

細かい仕様としては

・メガドライブおよびセガジェネシス(海外発売のソフト)に対応
・ビデオ出力(720P)ほかHD出力が可能
・16;9 4:3にアスペクト比が変更可能

となっています。

評判を見ると、高評価のものでは、ごく初期の実機でしか起動しなかったタイトルやリージョンコードのある欧州タイトルも起動可能ということで、かなり互換性が高いようです。海外製のメガドライブソフトをプレイする際には実機の場合はスーパーメガキーというアダプターをかます必要があったのですが、それも不要になるようです。

ただし、アスペクト比を4:3にすると映像がぶれる、HD接続でプレイすると、映像が乱れる、数秒遅れるといったプレイに問題のある不具合が見られるというものもありました。

16ビットコンパクトMD コロンバスサークル

日本でレトロゲーム互換機といえばコロンバスサークル。というパイオニア的なメーカーが手掛ける本機。

つくりは見る限りちゃちなプラスティック製で、HD出力などには対応していませんが、値段が安めとなっています。

評判を見る限りでも、堅牢性に不満がある、どのくらい互換率があるのかがわからないという低評価は多いものの、おおむね価格並みだと満足しているかたが多いようです。

注意点として、繰り返しになりますがHD出力に対応していないため、HDMIしか入力端子のないテレビやモニターを所有している方は、コンバーターが必要になります。

16ビットコンパクトMD HDコロンバスサークル

先ほどのコロンバスサークルの互換機のHD対応版です。AV出力端子に加えてHDMI端子が付いているほか、16:9、4:3にアスペクト比が変更可能。また、コントローラーについてスロー機能で画面を遅くできるチートも可能とのこと。邪道だ。

その他としては、スイッチを切り替えることによって、日本、北米リージョンに対応可能とのこと。これは、HD対応ではないコロンバスサークルの互換機にはなかった特別仕様です。

ただ、やはり音が悪い、しょぼい、などちゃちなつくりゆえの、不具合を指摘する声は多いようです。まあ、価格並みということなのでしょうか。実機を持っている方が、実機のサブで使うような奴だといいのかもしれません。

16ビットポケットMD コロンバスサークル

コロンバスサークルさんは本当に手広くいろいろなものを作っています。液晶がついて持ち運びできるメガドライブ互換機にです。乾電池の持ち時間は6時間と結構長め。AV出力も兼ね備えていて、テレビなどに映すこともできます。サイズはPSPと同じくらいのようです。

個人的には結構ちゃちなつくりでダサいデザインなので、これだったら、据え置き型の方がいいかなぁと思っています。

その他評判を見ていて気になる細かい点としては

・音声出力がモノラル(ヘッドホンでも)
・セーブロードが不安定でデータが消えることがある
・ACアダプターはなく電池のみ

とか、ただ価格は安いのでおおむね満足、という方も多いようです。

 

16ビットポケットMDプラス コロンバスサークル

上記のモデルから改良を加えたのが本機です。細かいところでは
・イヤホンがステレオ
・ACアダプターに対応

とのこと。ただし依然として、
・HDMI出力はなし
・テレビに出力の際の音声はモノラル
・テレビ出力の画質は悪い
・カートリッジが抜きづらい

といった不具合があり、評価4を付けている方も、思い入れを抜けばどう甘く見積もって評価3くらいの出来と評価するなど、やはり全体的にちゃちなつくりとなっているようです。

Mega sg Analogue

レトロハードを現代に復活させる的なコンセプトで高品質の互換機を打ち出しているAnalogue社、メガドライブの互換機も作っています。

Analogue社の互換機何よりすごいのが、互換の仕組みですね。ほかの互換機はレトロフリークをはじめ、PC上で起動するエミュレータをハードの中に組み込み動かす仕組みなのですが、Analogue社はアナログで、再現している、つまり実機にかなり近い仕組みで作っているというわけ。

本機でいうと、MegaCD実機の接続端子も普通に兼ね備えています。すごい!

そして何よりいいのが、レトロハードを愛ししていたユーザーのかゆいところに手が届く改良を加えているところ。

本機Mega sgでいうと、

・HDMI出力が可能
・マスターシステムに対応したアダプターが付属
・USB充電ができる、
・コンパクト、
・丈夫
・コントローラーがワイヤレス(もちろん、実機を踏襲したデザイン)

と至れり尽くせり。

ちなみに本機を使うとこのようにプレイできるようです。

個人的にかなり欲しい一台です。ただし、かなり高めの値段設定で、送料を入れると約3万円で、次世代ゲーム機が帰るくらいの値段設定です。加えて、いわゆる受注生産方式で作っているようで、世に出回っている数は少なめ。気軽に購入できるアマゾンなどのプラットフォームに登場しても、あほみたいなプレミア価格が付く始末です。

Analogue公式サイト

 

引用Analogue社公式サイトよりhttps://www.analogue.co/mega-sg

 

この記事が気に入ったら
いいね !

コメント

タイトルとURLをコピーしました