れています。レトロフリーク

その他

レトロフリークの口コミや不具合について調べてみた

更新日:

スポンサーリンク

この記事をしっかり読むには15分程度かかります。

目次

今回の記事では、現在販売されている、レトロゲーム互換機、「レトロフリーク」の今現在での機能や評価をまとめてご紹介します。

そもそもレトロフリークとは

レトロフリークはサイバーガジェット社が開発販売を手掛けるレトロゲーム互換機です。

スーパーファミコンからPCエンジンまで、カセット系の端末ほぼ全てのレトロコンシューマーに対応しています。

CD系はまだ対応しているものはございませんが、それを除けば現時点で最も多い互換コンシューマー数を誇る互換機といえるでしょう。

加えて、HDMI画質に対応しており、高画質でレトロゲームを楽しむことができます。

本体は新品で2万円台、基本11台のレトロコンシューマーに対応。アダプタを追加することによって、ここにセガマーク2等少し、コアなコンシューマー互換機能を追加することができます。

レトロフリークのバリエーション

現在までで、オリジナルのレトロフリークのほか、スーパーファミコンに特化した低価格モデルのレトロフリークベーシック(税込み10778円~10月下旬発売予定)、の2バージョン。加えてカラーリング別にメガドライブ風、スーパーファミコン風、ファミコン風と複数のバリエーションが販売されています。

レトロフリークはデメリットもある

後で詳しく説明しますが、ソフトのプレイから吸出し、保存までができ、吸いだしたソフトのみでプレイすることもできるため、ソフトの端子を傷つける心配もありません。非常に便利ではあります。

ただ、プレイしている多くの人は問題なく遊んでいるわけですが、正直なところ、レトロフリークは、ハードにエミュレーターソフトを仕込んでいるタイプのレトロゲーム互換機であるため、使い方次第では、若干法律的にグレーな部分もあるのです。

また、互換機ということで、うまくカートリッジが反映されない、場合によっては端子を破損してしまうなんてことも。利用される場合にはできること、できないこと、推奨されている使い方を理解することが重要です。

レトロフリークでできること

まずは、レトロフリークを使えば何をすることができるのか、解説していきます。

レトロフリーク対応ハード

MSXなど一部機種には、対応していません。ですが、カートリッジタイプのレトロゲームほぼすべてに対応しています。

レトロフリーク現時点での対応機種は11種類です。

 

  1. ファミリーコンピュータ
  2. スーパーファミコン
  3. Super Nintendo Entertainment System(NTSC/PAL)
  4. ゲームボーイ
  5. ゲームボーイカラー
  6. ゲームボーイアドバンス
  7. メガドライブ(NTSC/PAL)
  8. GENESIS(北米版メガドライブ)
  9. PCエンジン
  10. TurboGrafx-16(海外版PCエンジン)
  11. PCエンジン スーパーグラフィックス

特にPCエンジンに関しては、ほぼアジア圏のみでの発売ということもあり、需要が見込めないためか(面白いゲーム多いんですけどね。)、レトロフリーク発売前には、対応機種がありませんでした。(rertron5という海外製のものがありましたが、性能の部分で悪評が多かったです)PCエンジンそのものも、状態のいいものが見つかりづらく、プレイ可能なPCエンジンを見つけることが困難になってきている現在、PCエンジン対応というのはうれしい機能です。

またゲームボーイ関連機種も対応しています。

ゲームボーイというと、据え置き機でプレイできるとなると、レトロフリークが出るまでは、スーパーゲームボーイなどのニンテンドウハードで使用できるアクセサリー類を頼るしかありませんでした。また互換機で対応しているものはほぼなかったです。

ちなみにスーパーファミコンに関してはまだ発売日は未定(2018年10月下旬から発売を予定)ですが、このようなスーパーファミコンだけ対応の、小型、レトロフリーク本体と比較すると低価格「レトロフリーク ベーシック」が今後発売されます。海外版SNESにも対応しているようです。

価格から言うと少し、お高めな部分もありますが、レトロフリークの売りである機能はそのままなようなので、気になる商品ではあります。

こちらの機種に関してはアマゾン販売のみということで、おなじみ転売やによる買い占めの心配もあるので、注意が必要ですね。

レトロフリークはディスクシステムには対応していない

また非常に残念な話ではありますが、コストや様々な問題からか、現時点で、レトロフリークはファミコンディスクシステムには対応していません。

残念。今遊びたいとなると、ツインファミコンやディスクシステムそのものを購入する必要がありそうです。

 

 

レトロフリークでできること ギアコンバーターで拡張できる

レトロフリークは本体だけでも複数のレトロゲームに対応していますが、拡張機能も兼ね備えています。別途で、ギアコンバーターを購入することで、セガマーク3、NES(海外版ファミコン) ゲームギア、SG-1000のソフトも遊べるようになるのです。メジャーなレトロハードはこれ一台で全て動かすことができます。

個人的には現在本体が高騰しているゲームギアが対応なのは高評価です。PSPとかに比べてしまうと残念ですが、ちょうどスーパーファミコンが出ていた時期に登場した小型ゲーム機でかなりの画質を誇っていました。面白いゲームも多いのです(エコーズオブドルフィンやラストバイブルシリーズとか)

今のところレトロフリークは拡張機能を入れて、全部で15台のレトロハードに対応していますが、今後はほかの、ハードにも対応する可能性もあります。

レトロフリークはソフトの吸出しができる

これが実はレトロフリーク一番の売りです。ただ、非常に便利な機能とである一方、権利関係でグレーな部分なものであることも事実です。

そのことでも話題になっています。

単純に言うとレトロフリークの吸出し機能とは、カセットからソフトのデータを吸出し、それをマイクロSDの中に保存、カセットなしで遊ぶことができる、というものです。要するに吸出した後はPCで起動できるエミュレーターと同じ。

この機能自体は非常に便利で、データを本体に保存することもでき、毎回カセットを抜き差ししなくてすみます。

本体やカセットの劣化を防ぐことができるのです。また、セーブが電池いらずでできるため、レトロゲーム特有の電池切れによってプレイが不可能になるという問題も防いでいます。

レトロゲーム好きにはうれしい機能なわけです。

また、積みゲーが多い人にとっても、レトロフリークにソフトを吸い出してデータの形で保管しておけば、部屋の収納スペースの確保ができますし、毎回プレーするときに箱を開け閉めする必要がなく、箱の破損に神経をとがらせる必要もなくなります。(保管用にもう一本、という人は別ですが)

保存に関して、レトロフリークはSDカードに対応しています。レトロゲーム関連のものは、容量が少ないので、4~6gbくらいのSDカードがあれば十分に事足りるでしょう。

以上で説明した点は、レトロフリークが持つ吸出し機能のいい面ですが、吸い出したデータをSDカードに保存できるということはパソコンなどにデータとしてアップロードすることが可能ということも意味しています。つまり用途によってはほぼほぼ犯罪のようなこともできてしまうのです。

レトロフリークのコンセプト自体が、違法な目的とは異なるものです。しかし実際レトロフリークを利用することで、犯罪まがいのことを可能にしているのも事実です。今のところこのハードに関してはなんの裁判沙汰になるなど問題は起こっていません。現状普通に遊ぶ分には問題はないといえるでしょう。

ただ、以前同じようなコンセプトのretron5という海外の互換機が同様の問題裁判沙汰になるという事件があったため、完全に大丈夫とは言い切れません。

こうしたレトロゲーム互換機をめぐる法上の問題に関してはengadget誌が2015年に詳しい記事を執筆しています。

レトロゲーム互換機は合法違法 https://japanese.engadget.com/2015/09/01/emu/

レトロフリークではコントローラーも昔のものが使える

これもレトロフリークのナイスな機能。

usb端子のコントローラーが標準搭載されているレトロフリークですがコントローラー用の拡張キットを購入することによって、オリジナルのコントローラーも利用することができます

レトロフリーク純正のコントローラーもwiiのクラシックコントローラーのような形で、往年の良さは生かしつつ、遊びやすさを考慮した現代風になっています。私自身もそうですが、やっぱり純正のコントローラーじゃないとやる気がしない、Bダッシュはやっぱりあの青いボタンや、という人もおられるかと思います。

個人的にもあのスーパーファミコン純正コントローラーのシンプルさと丈夫さ、そして操作性能の良さはレトロゲーム内では他の追随を許していないのではないかと思います。

もう一つは、レトロフリーク純正のコントローラー、見た目的や機能的な問題はそれほどなのですが、やはり少しちゃち、頑丈かどうか、というといささか疑問が付くようなものなので、そういった部分でも、こうして純正の丈夫なコントローラーを使えるのは高評価です。

 

レトロフリークはHDMI出力対応

レトロフリークは映像出力用にHDMI端子を対応しています。

レトロコンシューマーのネックになっているのが、手に入りにくさだけではありません。昨今のテレビではレトロコンシューマーについていた映像出力にテレビ側が対応していなく、勝ったはいいものの、おうちのテレビでゲームができないという問題がありました。

ですがレトロフリークはHDMI端子を採用することによって現在の一般的な液晶テレビへの出力が可能になっています。

繰り返しになりますが、現在の一般的なテレビはスーパーファミコンなどレトロゲームの映像出力用端子である、AV端子には対応していません。昨今のテレビに接続するにはHDMIに変換するコンバーターといった特別な機器が別途必要なのです。

レトロフリークであればHDMIコンバーターを購入する必要はありません。結構高いし面倒なんですよね。これ。

 

また、HDMI対応することによって、画質のアップも可能になっています。

もちろんAV出力にも対応していますし、画質調整も可能です。

ちょっと画質よすぎて、スーファミっぽくないわーとかファミコンっぽくないわーなえる、なんて時にもおっけいなわけです。

レトロフリークはチート機能搭載

またレトロフリークではサイバーガジェットおなじみのチート機能が使えます。

サイバーガジェットは以前から「コードフリーク」などのチートを可能にするゲーム関連商品を多く扱ってきました。

そこでの経験を生かして、レトロフリークではその他ハードにはない多くのチート機能を搭載しています。

チート機能(コードを入力することによってHPマックスにしたりできます)

キャプチャ機能(プレイ画面を画像として保存できます)

倍速機能(ゲームないで流れる時間を変えることができる、歩く速度を早くしたり、遅くしたりできます)

キャプチャ機能以外は多少当時の趣を楽しむという観点からは外れていますが、やはりそこはサイバーガジェットさんさすがです。このレトロフリークでないと現状できないこと。

正直なところ、ファミコンのドラクエ2やウィザードシリーズなど時間のある学生さんや自宅警備員でないとクリアが難しいものはレトロゲームには多いので、実際のところ大人になってからレトロゲームを楽しむということを考えると便利な機能ではあります。

レトロフリーク 対応ソフト

レトロフリークが対応ソフトに関しては現時点で、サイバーガジェットで公式の発表はありません。ただ、動作確認が取れなかったソフトは随時公式サイトで発表されています。レトロフリーク販売元である、サイバーガジェット社が把握している動作に不備があるソフトは公式サイトで確認することができます。

サイバーガジェット公式サイト

https://www27.atwiki.jp/retrofreak/pages/13.html#id_76c8bdf7

天蓋魔境Zeroなど。結構な名作に対応していないので、気を付けましょう。

また有志がレトロフリーク関連のwikiを作成しており、wikiでは公式が発表している以外に不備があったソフトがまとめて紹介されています。

レトロフリーク@wiki

https://www27.atwiki.jp/retrofreak/pages/13.html#id_76c8bdf7

頑張れゴエモン3やブランディッシュ、アースワームジムといった名作でも不備が報告されています。プレイの際はあらかじめこれらの情報を確認しておくとよいでしょう。

次に評価に移ってまいりたいと思います。

現在までのレトロフリークの口コミ、不具合

こちらでは、アマゾンでの評価をまとめて紹介するとともに今までで確認されている、問題点に関しても触れていきます。

ざっと総評すると、おおむね好意的な意見が多いです。

ただ、やはり、互換機特有の互換性に関する問題や、このハード特有の問題に関する指摘も多いです。

また権利問題に関する鋭い指摘もありました。

レトロフリークへの高評価

うれしい
ツインファミコンの実機をもってますが アナログテレビが邪魔でしょうがありませんでした。

HDMI出力でき、フィルター機能も充実してたので 思い切って購入、音も、画像も大満足です。

互換はほぼ完璧です。 手持ちのソフトで、互換に難あったのは スーファミのゼロヨンチャンプRR-ZのミニゲームのダンジョンRPGの画面が変になりましたが 本編は支障なくプレイ出来ました 本体はカートリッジアタブタから、分離可能で凄く小さいです

ファミコンのソフトくらいの大きさです。 ちなみに、SDカードは4GBで充分だと思います。

うれしい
バージョン1.5のアップデートで熱暴走によるフリーズ・リセット問題に対応してます。 以前は(SFC・GBAのソフトは)10分もすると異常に発熱して熱暴走してましたが、アップデート後は問題なくプレイできてます。(発熱はそれなりにしますが。)
うれしい
様子見してから買ったせいか目立った問題はありません。皆のレビューを見てから接点復活剤と無水エタノールも一緒に買いました。

うちにある全機種約500本を入れてみましたが今のところFCのファンタジーゾーンとこの前出た8ビットなんとかしかインストール不可なのはありません。インストール出来てもちゃんと動かないのもあります。

GBAのファミコンミニとか。まあそれを差し引いても恐ろしいコストパフォーマンスなので古いゲームに興味のある人は買っても後悔しませんよ。

うちは電源を入れっぱなしで二晩やってみましたが熱で止まるとかはないので当たり外れはあるようですね。

アップデートしたら99箇所もセーブできるようになったので更に使いやすくなりました。びっくり。

レトロフリークへの低評価

悲しい
実機のカセットからデータを吸い出してエミュでプレイする吸出し機が実態。 権利問題をクリアできているのか非常にグレー。

11種類のゲームが~~との謳い文句ですが海外版も一種類に数えるのはどうかと。 何より動作非対応ソフトの多さに驚く。

[…] ポケモンクリスタルでセーブできなかったり、GBAのファミコンミニで表示不具合ってガッカリ・・・ 評価すべき点は別売のレトロフリーク用ギアコンバーターでゲームギアがテレビでプレイできそうな点と、 実機のコントローラを使える点。

でも本当にレトロゲームフリークなら意地でも実機本体を手に入れてメンテナンスしながら使いたいところ。

悲しい
今の所、使っているソフトが少ないからか時折音飛び?がするだけで目立った問題はないがやはりファミコンカートリッジ用スロットがキツキツで抜き差しが怖い。

本体をもう一台買おうかなとは思ったがコネクタ破損はそれでも起こり得るワケでそこは冷静になろうかな。

値段も結構するし。しかし既にコネクタが破損した人もおられる様で耐久性がなさすぎ?リコールがかかりそうな気がしないでもない。テストされていないのだろうか。

追加情報:ゲームボーイアドバンス用のファイナルファンタジー4でゴルベーザがうろつき始めてから頻繁に止まる様になった。毎回クイックセーブをしないと泣くハメになるかも。BIOSを更新すれば直ってくれるかな…

悲しい
商品が届き、嬉しくてすぐSFCのソフトをやりたくなりソフトをセットしたところ、全然正常に読み込まず、抜いたり挿したりしてるうちに本体のカートリッジアダプターの端子が何箇所か抜けました。

他の方のレビューを見て、ソフトのメンテナンス済ませてから仕様すればよかったです。ちょっと脆すぎます・・・

次に問題点に関してまとめて行きたいと思います。

レトロフリークの不具合

レトロフリークは使い方によっては熱暴走をする可能性がある

かなり多く指摘されている不具合です。

レトロフリークにカセットを刺したまま、プレイしているとおこる症状で、本体が熱を持ち、そのまま、フリーズしてしまうようです。

ソフトをあらかじめSDカードに保存し、レトロフリーク本体にカセットを刺さないでプレイすると問題が改善したのとの声が多くよせられています。

また、レトロフリークのソフトウェアをアップデートすることで問題が解決した、という声も多い聞かれました。

ただ、対応策を行っても依然として、問題が残ったままだという声も。レトロフリークを中古で購入される場合は、専門店でない限り、ネットショップなどでは保証がつかない場合も多いので、不具合にはより注意する必要があるでしょう。

レトロフリークは頻繁にアップデートが必要

レトロフリーク、要するに、PC上で起動することができる、エミュレーターを一つのハードにまとめて、動くようにしたものです。そのため、本体のファームウェアをアップデートする必要が都度都度あります。

そのためアップデートの不備による不具合があるようです。

アップデート後ソフトが起動しなくなったとの事例もあるとのこと

レトロフリークはソケットが弱い

レトロフリークはカートリッジのソケット部分が弱く、抜き差しの方法によっては簡単に壊れてしまうことがあるようです。

ソフトがしっかりメンテナンスされていない状態、汚れがたまったような状態だとそれだけで一発でおかしくなる、というような報告もありました。ソフトを壊さないためにも、レトロフリーク本体を壊さないためにも、利用魔には事前にソフトをきれいにしていくことが大切です。

こうした問題はやはり中国製ということにも起因するのかもしれません。

レトロフリークは場合によっては返品すれば問題ありませんが、レトロカセットの場合は一点ものですからね。十分に注意するようにしましょう。

レトロフリーク初期ロットでかなり不具合が報告されている

レトロフリークは2015年発売なのですが、初期ロットではソフトがまともに、読み取れない、読み取ってもバグばかりである、本体が熱をもってしまう、といった不良がかなりの数報告されています。

現在は発売から2年ほどたち、ソフトウェアのアップデートも済んでいるため、それほど、問題は起きていないようです。しかし中古のものを購入する場合には、多少こうした問題に関しても憂慮する必要がありそうです。

こうした状況を鑑みると、現状中古商品と新品商品にそこまで大きな価格差はないので新品を購入したほうが安全でしょう。

レトロフリークにて、現在不具合が報告されているソフト

また、公式サイトでは現在プレイすることが不可、あるいは何らかの不具合がでたソフト、周辺機器に関して公表しています。

お持ちのソフトが無事に使えるかどうか知りたい場合はいまいちど確認してみるとよいでしょう。

スーパーファミコン関連でいえば、名作スレイヤーズや天外魔境 zeroがゲーム進行に支障が出るほどの不具合が出ています。

また、聖剣伝説3はオリジナルのアスペクト比率でプレイすると画面に不具合が出てしまうようです。

周辺機器では、スーパーゲームボーイには未対応です。レトロフリークではゲームボーイにも対応しているので問題はありませんが、あの夢のようなひと時は過ごすことができません。残念

レトロフリークに不具合が起きたらwikiを頼ってみましょう。

また、wikiも作成されていて、こちらでは、利用者のより込み入った情報や、不具合、対応ソフトに関する話題が載っています。

購入する場合、一読することをお勧めいたします。

また、不具合が起こった際にも、こちらでどのような対処法ができるのか確認できます。

レトロフリーク@wiki

レトロフリーク利用の前に必要なもの

そんなわけでレトロフリークにはいろいろ不具合があるわけです。

大事なソフトを守るためには利用の前に多少の準備が必要になります。

特にソフトのソケット部分の汚れは読み込み不良の原因の一つです。

あらかじめ掃除をしておけば、不具合を事前に防ぐことができるでしょう。

こういった、ソフト洗浄用の溶剤が出ているので、気になる場合は購入して使うもよし、
どうも少し高いなぁという場合は中性洗剤を綿棒に着けて、端子をごしごしするのもありです。

レトロフリークの中古価格は

こちらではアマゾンの販売ページもご紹介していますが、せっかくならもっと安く買いたいですよね。

個人的な経験則では専門店ではアマゾンと同程度(1万4~5000円ほど、)というところですが、ブックオフなどの大手中古販売店では1万円弱程度のお得な品物も見かけました。できるだけ安く購入したいという方は、こういったところにあししげく通ってみる、

あるいはハードオフであれば、ハードオフネットモールというネットショッピングサイトを運営していますので、そちらをのぞいてみるのがいいでしょう。

まとめ 2018年10月下旬には レトロフリークベーシックが発売

今回は現在人気のレトロゲーム互換機、レトロフリークをご紹介してきました。

2018年10月下旬にはスーパーファミコン関連に機能を絞った、レトロフリークベーシックが発売予定のようです。

こちらも気になりますね。

使い方には注意が必要ですが、レトロゲーム好きとしてはかなり有用なハードではないかと思います。

コレクター的な観点や、ハードそのものに強い思い入れがある方はやはり少し文句があるのも当然かと思います。

ただ、私のように遊ぶことが目的、という人間にとってはかなりおすすめです。

スーパーファミコンのその他互換機に関してはこちらの記事でまとめて紹介しています。

スーパーファミコン互換機まとめ 10選

ちなみにレトロフリークはこちらからでも購入できます。です。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします。

アドセンス

アドセンス

-その他

Copyright© スーパーファミコン第二世代 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.