JOE&MAC戦え原始人 一見ゆるげーしかしやっぱりアーケード出身

JOE&MACカセットスーパーファミコンソフト
dav

ソフト基本情報

発売年 1991年

発売元 データイースト

 

JOE&MAC戦え原始人 概要

元々アーケードゲームだったもののコンシューマー移植作品がこのJOE&MAC戦え原始人だ。

原始の島が舞台。妙にきゃぴきゃぴしたさらわれてしまった女性たちを助けるために原始人JOEとMACが戦う、という方式。

武器はこん棒や炎、ブーメランといった原始的なもの。

 

加えて回転ジャンプなどの動きも用意されており、シンプルながらそこはアーケード作品、かなりやりごたえのある仕上がりになっている。

元々アーケード作品ということもあってか、今作はクレジット性になっており、クレジットを超えてコンティニューすることはできない。

ゲーム自体の難易度はそれほど高くはないのだが、このシステムによって、トータルではかなりの難易度になっているといえる。

タカハシ名人にマリオ、PC原人いろいろプラットフォーマーの味を感じる作品

正直このゲーム美麗でコミカルなグラフィック以外には正直なところどこかで見たことがあるような内容だ。

例えば舞台設定は、タカハシ名人の冒険島に似ている(特に落ちている卵を割ってアイテムが手にはいるところなどは)

加えてPC原人やマリオなどのそのほか、人気プラットフォーマー作品を思わせるところもある。

 

一つ一つの要素だけ見れば、そこまで目新しいところはないのだが、これらの要素を組み合わせることによって、JOE&MACにしかない味を生んでいるといえるだろう。

難易度は大味だがコンティニュー性によってシビアに

正直なところ、先ほど説明したように、いろいろな名プラットフォーマー作品から寄せ集めたようなゲーム性であり、難易度自体もそこまで高くはない。だらだらプレイしようと思うと正直そこまで面白くはないのが本作だ。

だが、JOE&MACはアーケード版と同じように(というか変えられなかったのかもしれないが)クレジット性を採用することによって、下手にミスすることはできない緊張感を生んでいる。

このことによって、プレイヤーは単に単調なゲームを繰り返し覚えていくのではなく、単調ながらもミスのできない完ぺきさを求められるようになる。そのことによって独自の緊張感が生まれているのだ。

この繰り返し作業を楽しめるかどうかが本作を楽しめるかどうかのカギを握っているだろう。最近であればロックマンやdeleste themessenger等を楽しめる人であれば、結構楽しく遊べるのではないかと思う。

JOE&MACはカセット版の購入がおすすめ

こんなJOE&MAC、現在はカセット版の購入がおすすめだ。どいうかバーチャルコンソール版がない。

価格はカセットだけのものであれば、1000円以下なので、互換機を持っている、あるいは本体があるけどまだプレイしたことがないという方はぜひ遊んでみていただきたい。

では。

 

この記事が気に入ったら
いいね !

コメント

タイトルとURLをコピーしました