スーパーファミコンソフト

スーパーファミコンのレアソフトまとめ これを見たら自慢できる......かも

更新日:

スポンサーリンク

スーパーファミコンといえば、数々の名作を生み出してきた名機でもあり、そんななか、マニア垂涎の数多くの激レアソフトも生み出してきました。

今回はそんなスーパーファミコンの激レアソフトの中でもこれを実際に見ることができたら人に自慢できる

そんな激レア中の激レアソフトをまとめて紹介していきたいと思います。

今回は基本的に限定品ではなく、一般販売されたものニ関してまとめております。

おじさま、おばさまは飲み会のネタなどにどうぞ、学生の皆さんはしゃべる相手を間違うと壮絶にひかれる可能性もあるので、気を付けましょう。

レンダリングレンジャーR2

出展 Google 画像検索

一時期ガジェット通信の記事で話題になったこともあり、スーパーファミコンを知らない人でも知っている。

ガジェット通信 スーパーファミコンのソフトが13万で落札されたんだが(笑)

そんな激レアソフトの王様が

「レンダリングレンジャーR2(ダブルアール)」です。

ジャンルは魂斗羅などと同じアクションシューティングです。

1995年、任天堂64が発売される1年前という微妙な時期に発売したこと、制作会社が海外の会社であったことなど、いろいろな問題が災いし、数千本しか生産されず、

レンダリング技術を使った、美麗な画質

魂斗羅などのアクションシューティングの名作や日本のシューティングゲームの名作をオマージュした完成度の高いゲーム性を持ちながらも、日の目を見ることはありませんでした。

ただ、こんな背景があり、単に希少性が高いだけでなく、ゲーム性も優れていることから異常なプレミアが付いています。

ちなみにバーチャルコンソール化も望まれているようですが、販売元が、ゲーム制作をやめてしまうなど、権利関係で問題があるようで現在に至るまで、実現はしていないようです。

冒頭のガジェット通信の記事では13万でヤフオクで落札されたことが話題になっていますが、現在まんだらけの買取情報を見てみたところ、最大買取価格はなんと15万円でした。

すごいソフトです。

ポコニャン!へんぽこりんアドベンチャー

出展 Google画像検索

ポコニャン、もともとは

1970年代前半にドラえもんで知られる藤子不二雄先生が連載をしていた

ポコニャンというタヌキと猫のあいのこみたいなかわいいキャラクターが登場するドラえもんみたいなマンガでした。

それが1993年にアニメ化

そのアニメ化に合わせて1994年に東宝、小学館プロダクションから発売されたのが

「ポコニャン へんぽこりんアドベンチャー」です。

ゲームはポコニャンの代名詞である、へんぽこりんパワーを前面に押し出したアクションゲームです。

ただ、ポコニャンが死なない、敵が弱いなど、アクションゲームとしては致命的な欠陥があったようで、ゲームとしての評価はいまいち

その分異常なまでに希少性が高いみたいです。

ちなみにまんだらけでの買取価格は完全な状態で12万円です。

先ほどのレンダリングレンジャーR2がゲームとしての面白さも加味してのプレミアム価格でしたから、こちらのほうが単純にレア度は高いかもしれません。

個人的にもまんだらけなどのマニア系のせんもんてんを趣味で回っている最中にここで書いているソフトのほとんどは完品の状態で一度は目にしたことがあるのですが、こいつだけはマジで見たことがありません。

恐ろしいソフトです。

なんかいわくとかついていそう

ヤフオクとかアマゾンでもソフトのみは結構見ますが、カンピンはまず見たことがありません。

マジカルポップン

出展Google画像検索

マジカルポップンです。

やはり端境期の1995年にパックインソフトから発売されました。

ゲームとしてはごくごく普通のステージ制の横スクロールアクションゲームですが、

CVに飯島愛氏を起用、

パッケージデザインにプリンセスメーカーのキャラクターデザインを手掛けていた赤井孝美氏を起用し(ゲームのグラフィックデザインは洞窟物語っぽいです)

これらのことを売りにしていたようです。

ゲームとして非常に面白いので、そちらのほうを売りにすればよかったのにも関わらず、

飯島愛氏のCV起用をなぜか全面に押し出しているせいか、

おそらくそれほどまでに販売が振るわず、今はプレミアがついています。

一時期はそれほどプレミアが付いていたわけではなく、

実は私も高校生くらいの頃に5000円くらいで箱付きで見かけました。

それでも十分高いわけですが、ここ数年は価格が急上昇

ヤフオクでは8万0000円ほど、

まんだらけでは完全な品で10万円で買い取りしてくれるようです。

少年忍者サスケ

出典 Google画像検索

サンソフトから1994年に発売された

横スクロールアクションゲーム

「少年忍者サスケ」

忍者サスケがさらわれた姫を助けに行くという王道のストーリで、レベルアップ要素ありの独特のゲームです。

サンソフトはであえ殿様あっぱれ一番などのバカゲーを発売していますが、こちらもそんなバカゲーです。

まんだらけでの完品買取価格は70000円です。びっくり

ちなみにバカゲーで有名なであえ殿様あっぱれ一番や

グルメ戦隊薔薇野郎もプレミアがついています。

バカに希少価値がつくなんて日本も嫌な時代になったものです。

 

アイアンコマンドー鋼鉄の戦士

出典Google画像検索

1995年にポッポというふざけた名前の海外のゲームメーカーから発売されたソフトです。

なぜか日本でしか売っていないという謎のソフト

アメリカのB級映画みたいなタイトルながら、選べる操作キャラクターは某格闘ゲームに出てきそうな日本人風のおっさんと

辮髪の中国人の拳法家風のおっさんふたりという

なんともなゲーム 一部のマニアからは隠れたバカゲーなんて呼ばれています。

ただ現在かなり謎が多いゲームなのは確かなようで単純な希少性だけで言うとかなり高いかもしれません。

ちなみにまんだらけの完品での買取価格は80000円です。

実は僕は最近まんだらけ中野店にたまたまよった際に、これの現物を生で見ることができました。

価格は120000円

一カ月くらせます。

ちなみに、復刻版が発売され、こちらは手軽に購入ができます。

魔獣王

出典 Google画像検索

実は現物をプレイしたことのある数少ない激レアソフトのうちのひとつ

ゲーム屋で暇そうにしていたら、店のお兄さんにやらせてもらえたんですね。

「魔獣王」

1995年にケイエスエスより発売されました。

横スクロールアクションゲームです。

ストーリーは魔物にさらわれた娘を父が助けに魔界へと赴くという、ごくごく普通のものなのですが、

グロテスクな魔界の世界が緻密に描かれていて、ほかの魔界を題材にしたゲームとは一線を画す仕上がり、

主人公の回復方法が魔物を捕食することと、システムの面でもかなりこっています。

プレミアがついていなかったら、またプレイしたいソフトです。

ちなみにまんだらけでの買取価格は完品で60000万円

宝くじあたらないかな、

ちなみにちなみに、こちらもゲーム互換機で知られる、コロンバスサークルさんより、復刻版が出ました。

元よりはかなりお買い得

 

アンダーカバーコップス

出典Google画像検索

1995年にアイレムより発売された

アーケードで人気を博したベルトスクロールアクションゲームの移植作です。

メガドライブでも発売されましたが、こちらもプレミアがちております。

メガドライブ版では2p

プレイも可能ですが、本作は1pのみ

3人のエージェントから1人をプレイヤーキャラクターに選んでプレイします。

北斗の拳のような硬派系バカ、な世界観で、

回復手段がその辺にいる「かえる」や「ひよこ」の踊り食いだったり、

その辺に落ちている鉄骨を武器として使えたりとなんでもありです。

また、唯一の女性プレイヤーキャラクターのローザが、あんまりかわいないのもバカな世界観に拍車をかけています。

ゲームとしては高難易度、ベルトスクロールアクションの良さを詰め込んだような作品で、人気が高いです。

まんだらけでの買取価格は完品 42000円です。

であえ殿様あっぱれ一番

出典Google画像検索

1995年

バカゲー界の創造神サンソフトより発売された

「であえ殿様あっぱれ一番」

縦スクロールのアクションゲームです。

舞台は江戸

バカ殿か、フランスよりきたバカ王子のどちらかを選んで、日本を陰で操る「徳川year康」を討伐する

というストーリーなのですが、徳川year康を倒すと黒幕が宇宙人であることがわかり、なぜか全世界を旅したり、宇宙空間に行ったりするという飛んでもないストーリーです。

タイトル画面の「あっぱれあっぱれボンジュール」

という思わず力が抜けてしまうようなバカな歌がopを飾るなど、徹頭徹尾のバカゲーです。

ただ、ゲームは面白く、普通に楽しめるのだからさすがサンソフト様です。

ちなみにまんだらけでの完品買取価格は38000円

マイティーモーフィンパワーレンジャー

出典Google画像検索

日本で人気を博した戦隊ものを海外でリメイクした

パワーレンジャーシリーズの第一作をゲーム化したのが

この「マイティーモーフィンパワーレンジャー」

1995年にナツメより発売

もとは海外向けに発売されていたものをこちらでも販売したようです。

日本では初期パワーレンジャーの元になったジュウレンジャーの人気があり、なんでこっちやねん

というファンが多かったからなのか、単にあんまり販売されなかったからなのか、プレミアがついています。

ゲームは1~5面が横スクロールのベルトスクロールアクション

6-7面がロボによるバトルと原作を再現している感じですが、

キャラの性能が大体おんなじ、ロボがもっさりしているなど、デザインには評価が集まるものの、肝心のゲーム内容は残念な部分が多いようです。

まんだらけでの完品買取価格は60000円です。

奇々怪々月夜草子

出典Google画像検索

1994年ナツメより発売

アーケードで人気を博した和風シューティングゲーム奇々怪々シリーズ

スーパーファミコン版第二弾にして、初の家庭用オリジナルソフトです。

小夜ちゃんを操り、囚われたかぐや姫を救出するストーリーです。

高難度の任意スクロールシューティングゲームとして知られる奇々怪々シリーズですが、家庭用オリジナルということもあり、少し控えめの難易度になっています。

ちなみに北米版のタイトルは「Rocky&Pocky2」どっちがロッキーでどっちがポッキーなのかきになります。

この奇々怪々シリーズゲーム好きにはおなじみですが、大体すべての作品がプレミアか、そんな中でも最もレアなのが、この「奇々怪々月夜草子」です。

完品でのまんだらけ買取価格は42000円です。

小夜ちゃんのうるんだ瞳に見つめられても、容易に無視することができる価格で店頭には並んでいることでしょう。

スーパータリカン

出典Google画像検索

こちらも激レアソフトです。

アクションシューティングゲーム界では

誰もが一度はやったことのある、「メタルスラッグ」

コナミを代表するゲーム作品「魂斗羅」シリーズ

そして実はこの「タリカン」シリーズが名作かつ代表作として知られています。

日本ではほとんど知名度はありませんが、海外では大ヒットした作品で、ゲーム史の中の名作にも数えられる作品だったりします。

ことスーパーファミコンで言えば、アーケード作品でこの分野が人気があり、スーパーファミコンでの再現率がそれほど高くなかったという問題もあって、スーパーファミコンではあんまりこのジャンルのソフトが発売されなかったのですが、そんな中でも魂斗羅スピリッツ、そしてスーパータリカンが代表作です。というか遊べるアクションシューティングはこれくらいしかないのではないでしょうか。(ちょっと毛色が変わったところだと、ワイルドガンズもありますが、これまたレアソフトです)知っている人がいたらおせーて

そんなゲームなのですが、もともと海外の会社ファクター5が開発した洋ゲーということで、スーパーファミコン時代の洋ゲーのご多聞にもれず、日本ではあまり販売本数自体が多くなく、レアです。そしてゲームとしては名作である。こんな要素があいまり、現在非常に価値が高まっているソフトです。

大体完品での買取相場は50000円以上というのが常みたいです。

販売価格は10万くらいしちゃいますねこりゃ

回らない寿司に何件もいけちゃいそうです。

ワイルドガンズ

1994年発売のソフト

奇々怪々などレア作品の多いナツメからの発売です。

西武時代を舞台とした、独特なアクションがんシューティングゲームです。

西部映画とかで樽に隠れて銃撃戦をしている、あんな感じをそのままゲームにしたような爽快かつ、面白いゲームです。

スーパーファミコンとは思えない美麗なグラフィックも当時話題でした。

94年というと後期とは言え、まだまだ、新しいソフトが出ていた時代ですし、なんというかまだ性能の全てを生かし切ったソフトが少なかったのですが、そんな中でもスーパーファミコンの限界を出し切ったといってもいいソフト化と思います。

昨今ではPC版やPS4でのリメイク作品が販売され、人気youtuberの「弟者」氏らが実況したことでも昨今話題になっている本ソフトですが、SFC版はレア中のレアソフトそして、上述したように面白いソフトのため価格も高騰しています。

ちなみに大体買取相場は完品で3~4万円くらい、で普通に売っていると箱なしで2万円くらい

やっぱり高額です。

 

迦楼羅王(カルラオウ)

出典Google画像検索

1994年エピックソニーレコードより発売されました。

やたらと難しい言葉に代表されているように、インド神話などをモチーフにした現在もあまりみない異色のアクションゲームです。

こちらも数少ない個人的にプレイ済みのソフトです。

難易度やさしめ、プレイ時間も長くはなく正直言ってアクションゲームとしてはちょっとどうかなぁと(パターン入った展開が非常にわかりやすいゲームです)

そんなゲームなのですが、ちょっとパッケージの画像がえせ孔雀王感を醸し出していますが、ゲーム自体はインド神話をモチーフにした世界観を美麗な画質で表現していて、独特の魅力があるゲームではあります。

買取相場は完品で2~3万くらい、販売相場は1~5万といったところでしょうか。

この作品に関してはポコニャン同様コレクター以外は見ておくだけで充分だと思います。

グルメ戦隊薔薇野郎

「グルメ戦隊薔薇野郎」の画像検索結果

出典 アマゾン

正統派なバカゲーグルメ戦隊薔薇野郎

こちらもコロンバスサークルさんより、復刻版が出ましたが、オリジナルはかなりのレア作品。

まんだらけなどでも大体4万円程度で販売されています。

ゲームはベルトスクロールアクションでまさおという名前の敵キャラが登場したり、主要キャラの一人は男前なのに、「ワン、ニャン、ガオー」しか言わなかったりとかなり馬鹿を狙っており、世界観は秀逸ですが、げーむそのものは正直そこまで面白くはありません、人のプレイを見て楽しむタイプのゲームです。

バイオメタル

出典 海外版 ウィキペディア

1993年アテナより発売されたシューティングゲームです。

当時アーケード機が多かった中で、ではじめたコンシューマーオリジナルの作品となっています。

全6面をHALBARDに乗って突き進んでいく王道の横スクロールシューティングでプレイ録を見てみると、かなり完成度の高いゲームのようです。

現在はプロジェクトeggでデータ版を500円程度で購入することも可能。とりあえず楽しんでみたい、という方はこちらをお勧めいたします。

 

幻獣旅団

書き換え専門のシミュレーションゲーム。

トレーダーやまんだらけなど結構レアなカセットをおいているゲーム店にもちょくちょく顔を出していますが、

こいつにはお目にかかったことがありません。

買取価格はまんだらけで17000円ほど。

デモンズブレイゾン

アーサーの宿敵、レッドアリ―マーが主人公。

魔界村シリーズのスピンオフ作品です。

魔界村の骨太な難易度はそのままに、レッドアリ―マーの良さを生かした

飛行

魔法

などなどのコマンドを駆使して進めていく名作です。

そもそも販売された本数が多くなかったためかレアなカセットになっており、完品だと3万円だいで取引されることも。

ゲームだけプレイしたいのであれば、バーチャルコンソール版があるのでそちらをプレイすればいいでしょう。

 

まとめ

今回はこんな感じで激レアソフトをまとめてみました。

スーパーファミコンはバカゲーが希少価値が高いという、何とも言えない結果がこのまとめからわかります。

まぁ当然といえば当然

面白いゲームだったら売れますもんね。

ただ、希少性が高く、バカというところが僕も含め

マニア心をくすぐるのも事実だったりします。

今回はこんなところで、

楽しんでいただけたら幸いです。

そんな見つけるのも難しいソフトなんてやりたくないわい、この三下が!というような剛毅なお方は現在発売している、スーパーファミコンクラシックミニがおすすめです。

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします。

アドセンス

アドセンス

-スーパーファミコンソフト
-,

Copyright© スーパーファミコン第二世代 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.