スーパーファミコンのレアソフトまとめ これを見たら自慢できる……かも

スーパーファミコンソフト
出展 Google画像検索

スーパーファミコンといえば、数々の名作を生み出してきた名機でもあり、そんななか、マニア垂涎の数多くの激レアソフトも生み出してきました。

今回はそんなスーパーファミコンの激レアソフトの中でもこれを実際に見ることができたら人に自慢できる

そんな激レア中の激レアソフトをまとめて紹介していきたいと思います。

今回は基本的に限定品ではなく、一般販売されたものにかんしてしてまとめております。

レンダリングレンジャーR2 完品は30万円以上の値段

出展 Google 画像検索

最近では完品で30万円いじょうの値段で取引されている、スーパーファミコンの激レアソフトを語る上で欠かせない作品が、王

「レンダリングレンジャーR2(ダブルアール)」です。

ジャンルは魂斗羅などと同じアクションシューティング。

1995年、任天堂64が発売される1年前という微妙な時期に発売したこと、制作会社が海外の会社であったことなど、いろいろな問題が災いし制作本数は数千本程度とごくわずか。

レンダリング技術を使った、美麗な画質

魂斗羅などのアクションシューティングの名作や日本のシューティングゲームの名作をオマージュした完成度の高いゲーム性を持ちながらも、日の目を見ることはありませんでした。

ただ、こんな背景があり、単に希少性が高いだけでなく、ゲーム性も優れていることから異常なプレミアが付いています。

ちなみにバーチャルコンソール化も望まれているようですが、販売元が、ゲーム制作をやめてしまうなど、権利関係で問題があるようで現在に至るまで、実現はしていないようです。

現在は50万円台で出品している人もいるようです。いったいどこまで値段が上がるんだか……

Ebayに54万円のレンダリングレンジャーR2が登場!

ポコニャン!へんぽこりんアドベンチャー

出展 Google画像検索

ポコニャン、もともとは1970年代前半にドラえもんで知られる藤子不二雄先生が連載をしていた

ポコニャンというタヌキと猫のあいのこみたいなかわいいキャラクターが登場するドラえもんみたいなマンガでした。

それが1993年にアニメ化

そのアニメ化に合わせて1994年に東宝、小学館プロダクションから発売されたのが

「ポコニャン へんぽこりんアドベンチャー」です。

ゲームはポコニャンの代名詞である、へんぽこりんパワーを前面に押し出したアクションゲームです。

ただ、ポコニャンが死なない、敵が弱いなど、アクションゲームとしては致命的な欠陥があったようで、ゲームとしての評価はいまいち

いわゆるキャラクターゲームであり、販売本数はあまり多くなかったことから、異常なまでに希少性が高いみたいです。

ちなみにまんだらけでの買取価格は完全な状態で12万円です。

先ほどのレンダリングレンジャーR2がゲームとしての面白さも加味してのプレミアム価格でしたから、こちらのほうが単純にレア度は高いかもしれません。

個人的にもまんだらけなどのマニア系の専門店を趣味で回っている最中にここで書いているソフトのほとんどは完品の状態で一度は目にしたことがあるのですが、こいつだけはマジで見たことがありません。

恐ろしいソフトです。

なんかいわくとかついていそう

ヤフオクとかアマゾンでもソフトのみは結構見ますが、カンピンはまず見たことがありません。

マジカルポップン

出展Google画像検索

マジカルポップンです。

やはり端境期の1995年にパックインソフトから発売されました。

ゲームとしてはごくごく普通のステージ制の横スクロールアクションゲームですが、

CVに飯島愛氏を起用、

パッケージデザインにプリンセスメーカーのキャラクターデザインを手掛けていた赤井孝美氏を起用し(ゲームのグラフィックデザインは洞窟物語っぽいです)

これらのことを売りにしていたようです。

ゲームとして非常に面白いので、そちらのほうを売りにすればよかったのにも関わらず、

飯島愛氏のCV起用をなぜか全面に押し出しているせいか、

おそらくそれほどまでに販売が振るわず、今はプレミアがついています。

一時期はそれほどプレミアが付いていたわけではなく、

実は私も高校生くらいの頃に5000円くらいで箱付きで見かけました。

それでも十分高いわけですが、ここ数年は価格が急上昇

ヤフオクでは8万0000円ほど、

まんだらけでは完全な品で10万円で買い取りしてくれるようです。

少年忍者サスケ

出典 Google画像検索

サンソフトから1994年に発売された

横スクロールアクションゲーム

「少年忍者サスケ」

忍者サスケがさらわれた姫を助けに行くという王道のストーリで、レベルアップ要素ありの独特のゲームです。

サンソフトはであえ殿様あっぱれ一番などのバカゲーを発売していますが、こちらもそんなバカゲーです。

まんだらけでの完品買取価格は70000円です。びっくり

ちなみにバカゲーで有名なであえ殿様あっぱれ一番や

グルメ戦隊薔薇野郎もプレミアがついています。

バカに希少価値がつくなんて日本も嫌な時代になったものです。

アイアンコマンドー鋼鉄の戦士

出典Google画像検索

1995年にポッポというふざけた名前の海外のゲームメーカーから発売されたソフトです。

なぜか日本でしか売っていないという謎のソフト

アメリカのB級映画みたいなタイトルながら、選べる操作キャラクターは某格闘ゲームに出てきそうな日本人風のおっさんと

辮髪の中国人の拳法家風のおっさんふたりという

なんともなゲーム 一部のマニアからは隠れたバカゲーなんて呼ばれています。

ただ現在かなり謎が多いゲームなのは確かなようで単純な希少性だけで言うとかなり高いかもしれません。

ちなみにまんだらけの完品での買取価格は80000円です。

実は僕は最近まんだらけ中野店にたまたまよった際に、これの現物を生で見ることができました。

価格は120000円

一カ月くらせます。

ちなみに、復刻版が発売され、こちらは手軽に購入ができます。

この記事が気に入ったら
いいね !

コメント

タイトルとURLをコピーしました