その他

海外のゲームボーイマニア ”究極のゲームボーイ(Ultimate game boy)”を作り上げる

投稿日:

スポンサーリンク

筆者の世代(20代前半から上)がド直球で楽しんだゲーム機と言えばゲームボーイだ。ポケモンにデビチル、マリオにドラクエ、たくさんのキラーコンテンツに囲まれて我々は育ってきた。

そんな我々世代にとって、奇跡のようなゲーム機を海外のゲームボーイマニアが作りあげたらしい。Ultimate gameboy(究極のゲームボーイ)と銘打たれたそのゲーム機、いったいどのようなものなのだろうか。

 

ゲームボーイの機体をもとに作られた 1台でGB GBC GBAが楽しめるゲーム機

究極のゲームボーイことDBG102(初代ゲームボーイの製品コードをもじっている)を作り上げたのがイギリスに拠点を置くjellybelly customsだ。Nintendolifeによるインタビューによれば、創業者であるMatt whitehead(マットホワイトヘッド 以下マット氏)氏が一人で開発から販売までを手掛けているとのことである。

元々ゲームボーイをはじめ小型ゲーム機の蒐集家だったマット氏は、趣味の延長としてjelly belly customsを創業。DMG102をはじめとしたレトロコンシューマーを現代風にリメイクしたゲーム機を製作、販売しているという。

究極のゲームボーイと銘打たれたDMG102は初代ゲームボーイの機体をモチーフにして作成された逸品だ。任天堂3dsのようなスライドパッドが搭載されているほか、フルカラーに対応、バックライト仕様といった具合で、ゲームボーイをモチーフとしながらも現代でも十分に楽しめるようにチューンナップされている。対応ゲームはGB,GBC,GBAの三機種だ。これ一つですべてが楽しめる贅沢仕様である。

金額は239.99£(日本円役33000円 2019年1月2日現在)と高額であるが、完成度の高さからか、高い人気を博したようで、現在は売り切れとなっている。再販の時期は未定だ。

以前当ブログでも紹介した、新世代スーパーファミコン互換機SuperNTと同様、ゲームボーイでも単にマーケティング戦略をもとに作ったような”ゲームボーイ互換機”ではなく、ファンの思いを忠実に再現したような新世代のゲームボーイといってもいいような互換機が生まれたようだ。

気になる方はjelly belly customsにて確認してみていただきたい。ちなみにYoutube上ではNintendolifeによる開発者マット氏へのインタビュー動画も公開されている。英語だが、マット氏の小型レトロコンシューマーにかける思いや3Dプリンターを利用したDMG102 の製作風景が垣間見えるものとなっている。気になった方はぜひこちらも見ていただきたい。

 

参考文献

Nintendo life 『Fetures:Creating the ultimate gameboy』 http://www.nintendolife.com/news/2018/12/feature_creating_the_ultimate_game_boy

 

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします。

アドセンス

アドセンス

-その他
-,

Copyright© スーパーファミコン第二世代 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.