スーパーファミコンソフト

海外版聖剣伝説3? 日本未発売の名作 Secret of Evermoreを紹介

投稿日:

スポンサーリンク

スポンサーリンク




現在でもゲームの中には、海外では販売されて、日本では販売されていないゲームが多数あります。

スーパーファミコンの時代にもそういったものは多数ありました。

そんな中でもおもしろい経緯で生まれたのが

「Secret of Evermore」です。

海外ではスーパーファミコンの名作としての呼び声も高い本作、どんなものなのか紹介して行きたいと思います。

なおプレイはしていませんが、ゲームのプレイ動画を見た感想も踏まえて記事を書いております。

Secret of Evermoreとは

secret of evemore

北米では1995年

ヨーロッパでは1996年に発表されたアクションロールプレイングゲームです。

大作ほどのセールスは記録しませんでしたが

海外のゲームレビュー誌では高評価を記録し、スーパーファミコンの隠れた名作との呼び声も高いようです。

聖剣伝説2のモーションバトル

リングメニューシステムなどなど、数多くのゲームシステムをそのまま採用し、

スクウェアの現地法人である、スクウェアusaのスタッフだけで作られたソフトです。(英語版wiki参照)

聖剣伝説3が海外では発売されなかったこともあり、聖剣伝説2の続編のようにも語られる本作ですが、

実際にはゲームシステムを採用しただけで、ゲーム内容は聖剣伝説シリーズとはまったく関係のないものです。

日本でも1996年に販売される予定があったそうですが、頓挫してしまったようです。

ストーリーはこんな感じ

1965年のPodunkにある奇妙な建物では、実験が行われていた・・・。
それから30年経った1995年、廃墟と化した建物に、主人公と相棒犬が迷い込み、
異世界へ飛ばされた。そこからPodunkへ戻る方法を探すべく長い冒険が始まる。

引用 ゲームカタログ@wiki

SF映画見たいな感じのストーリ-です。

プレーヤーは

主人公の映画好きの青年 デフォルトネームはありません

Google画像検索より

 

相棒の犬 デフォルトネームはありません。

Google画像検索

この二つのキャラクターを操り、異世界Evermoreを旅していきます。

道中主人公たちはこの世界の四つの地域

Prehistria 原始の世界

Antiqua  古代ローマの世界

Gotica 中世ヨーロッパのような世界 (FFのキャラがちゃっかり登場)

Omnitopia 本作のラスボスがいる 近未来的な世界

これらの地域を旅していくことになります。

ここで、主人公は主人公と同様に、PodnukからEvermoreへと飛ばされてしまった

物語のきっかけを作りだした、Sidney教授と、各地域にいるその助手たちの援助を受けながら、元の世界に戻るために奔走します。

そんな旅をしていく中で、最初は普通のシェパードだった犬が

なぜか聖なる犬になり

Google画像検索

次にはプードルになり

Google画像検索より

最後は口から炎を吐く最強のメカドックになってしまうという

Google画像検索より

とんでもない展開が繰り広げられます。

また、これは洋ゲーだからだと思うのですが、道中の敵もなかなかグロテスクなものも多く

日本のこの時期のゲームでは考えづらい、敵を倒すと、血が飛びちる、得体のしれない液が噴出する、という演出も見られたりと

聖剣伝説は全く違う仕上がりになっております。

ただ、こういう世界観についていけなそうか、というとそんなこともなく

聖剣伝説シリーズの壮大な世界観とは違った、いい意味でのB級SF映画みたいな世界観がいいアジを出しています。

全くの勧善懲悪もので、日本のRPGみたいにストーリー上で誰かが不幸になるといったこともなく、

気持ちよく終わるゲームです。

ハリウッド映画なんかでおなじみの、次回作をにおわせるような演出もあり、映画好きな主人公といい、映画見たいな演出がなされています。

プレイ時間も聖剣伝説などと比べると短く、その辺もこの気持ちよさにつながっていそうです。

まとめ

今回は日本では未発売の隠れた名作アクションRPG

Secret of Evermoreを紹介していきました。

現在プレイをするにはどうやら、EU版か北米版の本体が必要なため、プレイするためにはハードルが高い本作ですが、

ゲーム好きなら一プレイの価値のある名作だと思います。

ではでは

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします。

アドセンス

アドセンス

-スーパーファミコンソフト

Copyright© スーパーファミコン第二世代 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.