GV USB2レビュー パソコンでスーファミができてしまう

最近せっかくだしyoutubeにでも動画を挙げてみようかといろいろ模索している中の人です。

そんなときに見つけたのが、こちらのGV-USB2。USB接続でキャプチャーソフトがあれば、パソコンでもゲームができてしまうという優れもの。

実際に使ってみたので、使用感とかをご紹介していこうと思います。

スーパーファミコンが気軽にプレイできる

個人的にはyoutube目的で購入した一本ですが、ところがどっこい、普通にプレイするのも悪くありません。

画質はこんな感じ。びっくりするほどいいというわけでもありませんが、AV出力ケーブルであれば大体こんなものではないでしょうか。

特に見づらいこともなく、快適にプレイすることができます。ゲームによって大きな違いはあるかと思いますが、アクションゲームでもそれなりにプレイはできました。シューティングなどは少し注意が必要かもしれません。(USBcポート付きのパソコンで間に変換器を挟んでの評価です)

使い方は簡単です。USBポートにGV USB2を接続するだけ、そうすれば、勝手に読み込んでくれます。実際にプレイするにはこの作業に加えて、キャプチャー用のソフトが必要になりますので、用意しておきましょう。

付属のキャプチャーソフトはいまいち アマレコがおすすめ

GV USB2にも、ディスクを読み込むタイプのキャプチャーソフトが付属していますが、正直こちらはかなり画質、レイテンシーの点で問題を感じました。昨今はCD用のトレーがないPCも多いですし、無料のキャプチャーソフトが多いのであえてこちらを使う必要はないと思います。

私個人のお勧めはアマレコTVというシェアウェアです。利用だけは無料。無料の場合はこちらのソフトを使って動画を作成した場合にAmarecTVという表示が入るだけ。こちらの表示は代金を支払えば消えるようになります。

パソコンでゲームをプレイしたいだけであれば、特に問題はないでしょう。動画をしっかりとりたいのであれば、有料版にするなどの対策が必要かと思います。

アマレコTV公式サイト

レイテンシーには注意が必要

レイテンシーは気にならないとさっきかいた後で矛盾しているようですが、やはり若干気にはなります。普通にテレビでプレイしていて処理落ちするようなゲームの場合は特に注意が必要かも(鋼、天地創造、パロディウス、グラディウスなど)

パソコンの動作の影響を受けているという部分もありますし、やはりUSBというデバイス上の不都合化とは思います。スーパーファミコンだけをプレイする程度でしたら大半のソフトでは問題はないかと思いますが、PSやPS2等、AV出力に対応している比較的高性能のゲーム機を利用する際はキャプチャーだけでゲームをするとプレイに支障が出るかもしれません。

HDMIには対応していないぞ

また、GV USB2はAV出力にしか対応していません。HDMI端子はついていませんので、例えばクラシックミニシリーズなどHDMIが映像出力用の端子となっているようなゲーム機を利用したいという場合は別途コンバーターを購入するか、HDMI端子に対応している、TVあるいはキャプチャーボードを購入した方がいいでしょう。

本格的に動画配信するならやはりちゃんとしてキャプチャーが必要

ここまで書いてきましたが、あくまでこれはプレイする上での話です。実際に動画を撮るとなると、単純にプレイ動画を上げるとかではいいと思いますが、実況ということを考えると少し画質、レイテンシーの面で不安が残るかと思います。

私もまだ購入したわけではありませんが、やはり動画を作るのであればキャプチャーボードは買った方がよさそうです。(まだ当分買えねぇけど、懐的に)

今スーパーファミコンをプレイするならおすすめ

使ってみて感じたことは現在の環境で言えばスーパーファミコンをプレイするのに持って来いのデバイスだなぁというところ。

依然こちらでテレビに接続する方法の記事を書きましたが、住環境や個人的な理由からテレビを持っていない人も増えています。気軽な液晶のついた端末というと、パソコンかスマホという方も少なくないのではないでしょうか。

そういった環境で気軽にパソコンにつなげるのはかなり便利、価格も2千円台だし。

気になったら使ってみてください。ではでは

 

この記事が気に入ったら
いいね !

コメント

タイトルとURLをコピーしました