スマホ版 半熟英雄ああ、世界よ半熟なれ,,,!レビュー

スーパーファミコンソフト

とうとう買ってしまいました。

スマホ版 半熟英雄

果たして大人になった今クリアできるのだろうか

でも今は非常に楽しく遊んでいます。

まだ2章の途中までしか遊んでいないのですが、これまででわかったことを書いていきたいと思います。

フリック入力の感想

早速、操作の感想なんですが、

スクウェアさんの一連のスーパーファミコン作品、あるいは過去作品のスマホリメイク版の全てで、フリック式の入力が採用されているのですが、

こと元スクウェアのリメイク作品では、ことごとく評判が悪いです。

そんなわけで、気になっていました。

正直に言ってやっぱり、コントローラーの直感的な操作に比べると、使いづらいです。

なんかよくわかりませんが、あらためてコントローラーって人間工学的によくできていたんだろうなぁとわけのわからないことを思ったりしました。

ただ、その一方で作品的には、ロマサガシリーズみたいに素早い移動が求められたりするわけではなく、じっくり楽しむ要素が多いゲームなので、そこまで、フリック入力の使いづらさで、ゲームの操作感が損なわれることはないです。

ただ、若干戻る進む、系の操作をするときにイライラするときはあります。

戦略シミュレーションゲームの要素も入っているゲームで、ちょっとした、選択のミスがゲームオーバーにつながることもあるので、ちょっとこの辺は改善してほしいところです。

序盤はごり押しできるかもしれませんが、中盤以降になってくると、ちょっとイライラさせられるかなぁという感じもします。

戦闘画面はこんな感じです

画質に関して

この画質に関しても、特にスクウェア作品は、ドット絵ではなくなったことによる、不評が多いです。

私自身のスマホ版のFF5はプレイしたのですが、確かに、これじゃない感はすごかったです。

そんな不評を受けてか、今作はこれまでのリメイク作品に比べてドット感が強めです。

ただ、解像度は当然ながら上がっていて、スーパーファミコンではハードの都合上よく見ることのできなかった細かい部分の表現もわかるようになっていて、ぐっとです。

王子のおとぼけフェイスとか、大臣が泣くところとか、ちゃんといい感じにリメイクされているように思います。

画質自体はきれいになっているし、丁寧に表現されているのですが、オリジナル版のどことなくチープでジャンクな感じは損なわれていません。結構好感触です。

今のところの総評

まだ、追加されたエッグモンスターとか、追加要素をすべて見ていないので、しっかりしたものではないのですが、ざっと見て、これは結構いい出来ではないかと思っています。

他のスクウェア作品のリメイクが、ドット感をなくして、それがゆえにチープな感じが出てしまったのに対して、こちらの作品はいい感じで、ドット絵の良さは残しつつも、しっかりとリメイクに成功で来ていて、細かいところに、今じゃ無ければできなかったであろう技が光っているように思います。

ストーリー自体、ゲーム自体は当然ほとんど変わっていないわけで、個人的にはソフト自体もそれほど高いものではないので、実際どうなんだろうなぁと思っていましたが、結構いいですね。

ゲーム的にも、スマホとかでコツコツやるのがいいところ

ただ、2200円はちょっと高いかなぁとも思います。

無料でクオリティが高いソフトが買えるし、オリジナルがそれほど高くない本作に、思い出補正をさしはさまずにこれくらいの値段を出せるかと思うとちょっと疑問は残ります。

私自身は思い出補正バリバリなのですが、

まだ、クリアしたわけではないので、クリアしてから改めて、詳しくまた記事にしたいかと思います。

 

では

では

 

この記事が気に入ったら
いいね !

コメント

タイトルとURLをコピーしました