スーパーマリオRPG クッパがマリオと一緒に冒険

ソフト基本情報

発売年1996年
発売元任天堂
定価7500円

アマゾンレビュー
★★★★★ (4.7)

[st-kaiwa1]NintendoとSQUAREの共同作品ということもあって、さすがという出来具合。当時にしてみれば、やはり新しい試みもたくさんあったと思います。私は大人になって初めてプレイしましたが、結構おもしろいです。きっかけは、音楽を担当していたのが、キングダムハーツなどで有名な下村陽子さんだったということでした。下村さんの音楽はさすがといった感じですし、ゲームもおもしろい。操作が簡単ですし、内容もわかりやすい(小学生向けなので当然ですが)。これぐらいシンプルなゲームが今の時代にも、もっとあってもいいんじゃないかと思います。 引用 アマゾンレビュー[/st-kaiwa1]

[st-kaiwa1]スクエアと任天堂が絡んでたら、もう最高のゲームができるしかないんじゃないかっていうくらいいいゲーム。 戦闘もRPGでは考えられないほど楽しい。本当に遊びが詰まったゲームです。マリオのかわいさが完全に詰まってます。女性も簡単に、むしろはまれる内容です。 戦闘に遊び心が詰まったRPGなんてたぶんこれだけです。今までで一番敵に会いたくなるゲーム。自分から突っ込んでいきます。 音もかわいい、動きもかわいい、細かいところで面白いアクションが起こる。 そして無駄にジャンプがしたい。歩かないでずっとジャンプしてる。そんなゲームww 本当にやってない人にはやってほしい永遠の名作です。 引用 アマゾンレビュー[/st-kaiwa1]

任天堂とスクウェアがタッグを組んだ

1996年発売のRPG「スーパーマリオRPG」

これまでにもクロノトリガーのスクウェアとエニックスなどのコラボレーションがあった、スーパーファミコンですが、もっとも世間を騒がせたのが、このソフトです。

マリオのニンテンドウとRPGのスクウェアが手を組みそれもマリオが主人公のRPGを作ったのです。

かなりの衝撃作でしたが、高い完成度を誇り、今でも名作の一つです。

異色作なだけに、個人的にはスーパーファミコンクラシックミニにmother2を差し置いて登場しているのはどうかと思いますが、まごうことなき名作RPGです。

ストーリー、アクションを生かしがギミック、オリジナルキャラクターすべてが最高

このゲーム、本当にケチをつけることがないくらいの名作です。

ストーリーも序盤はお決まりのクッパとマリオの話から始まるのですが、徐々にマリオたちの世界に迫る大きな脅威の存在が明らかになり、最終的にはクッパと手を組み、その危機に立ち向かっていくという流れになっています。

ストーリーも含めRPGとしての完成度が非常に高い本作、戦闘システムも普通のRPG的なものなのですが、ステージギミックが凝っていて、マリオ特有のアクションを生かしたなぞ解き、ダンジョン攻略が求められ、

RPGそして、マリオの世界観が絶妙なコンビネーションを生んでいます。

ストーリーがストーリー、そしてRPGというゲームなだけに少し、まじめになりすぎてしまうところ、こうしたギミックがあるところで、マリオ独特のコミカルな世界もいい具合に残っています。

そして、本作を彩るのが、RPGだからこそ登場しえた本作だけのオリジナルキャラクターたちです。

実際にプレイして確かめてほしいのですが、本当にいいキャラしてます。ゲームのシステム的にもシナリオ的にも、

当時の人気絶頂だった任天堂やスクウェアの本気が感じられる一作です。

おすすめ

現在はスーパーファミコンクラシックミニに収録されています。

ファイナルファンタジー6などの名作RPGやロックマンXスーパーメトロイドなどスーパーファミコンを代表するその他20作品のソフトが収録されているこちらが現在プレイするのであればおすすめです。

では

この記事が気に入ったら
いいね !

コメント

タイトルとURLをコピーしました