その他

バーチャルコンソール スーパーファミコン購入するよりも気軽じゃない問題

更新日:

スポンサーリンク

私は最近のゲームはスイッチ以外あんまりやらないのですが、つい先日ひょんなことから3DSLLを手に入れました。それも古いタイプのやつ。別段3DSでやりたいゲームはなかったのですが、前々から気になっていたのがVC。若干オワコンのようなところもありますが、3DSやWIIUで、合法的に昔のソフトがプレイできるというやつです。このVC、スーパーファミコンあるいはレトロゲームのブログをうたいながら私、未体験でした。

というわけで、せっかく3DSを手に入れたのだから、VCやるべ、とよろこび勇んでいた私。ですが、そこには思わぬ落とし穴がありました。皆さんご存知かもしれませんが、3DS用のVC、ファミコンやPCエンジン等2010年代初頭に配信していたものならいざ知らず、最近配信されたソフトはスーパーファミコンをはじめ、New3DSじゃないとダウンロードできないんですね。確認不足でした。

ゲーム機にもスマホのような新機種でないと制限がかかるという問題が出てきたのかと、古いものを愛するものとして少々切ない思いです。ちなみに色々調べてみたのですが、やはり全部だめなよう。別にやるわけではありませんが、ハードはおろか電源や映像ケーブルまでオリジナルにこだわる任天堂さん。もちろん、インターネットにつないで旨い事やれてしまう方法もありませんでした。

もちろん、スーパーファミコン持ってるんだから、それでいいじゃん。という声もあるでしょうし、私もそうだとは思います。やっぱり本体にがしっと差し込むあの感じが良かったりしますからね。

ただ、やはりスーファミは据え置き機。私としてはできるなら家だけでなく外でもやりたいわけです。ですが、普通の本体ではなかなかそうもいかない。以前このブログでも紹介したように、スーパーファミコンには小型の持ち運び用に作られた互換機もあるのですが、互換機の中で小型なだけで、実際持ち運びに適しているかというと少々疑問もあります。

そんな中非常に便利なのが、3DS用のバーチャルコンソール。手軽なのもさることながら、デモンズブレイゾンやドラキュラXX、トラキア776などスーパーファミコンカセットが高額になっていて、私のような貧乏にわかスーファミ好きでは一向にてが出ないようなソフトもプレイできるという魅力もあります。ここだけとらえれば非常に便利。

でもやはりそれはNew3DSを持っていなければいけないからで。何というかマイクロソフトとかマックみたいに、新しいものに買い替えさせるための力技のような気がしないでもありません。

実際のところ別にNew3DSだからと言ってそれほどできることが変わるわけではありませんしね。何とかならないものなのかなぁと思ったりする今日この頃。

だったらNewを買えばいいのですが、やはり気楽に携帯機でスーファミをプレイできるところが味噌なわけで。そのために3DSを買うのも気が引けます。実際のところ、ゴエモンやゼルダレベルであれば、ソフトの価格もそれほど高くないので、普通にスーパーファミコンを購入した方が気楽にプレイできてしまう。いかんともしがたいところです。

とか言いつつ今はよし3DSでスーファミやるぞーという高ぶった心を収めるために購入してみたメタルマックス初代のバーチャルコンソールに多少はまっていたりします。任天堂さんの思うつぼかもしれません。でもやっぱり初期のこのいいんだよなぁ。

ただ、実際のところファミコンのソフトもそれほど多くなく。スーパーファミコンは今であれば結構気軽に状態のいい本体が手に入りますが、ファミコンはいかんともしがたいものがあります。というかそもそも今の一般的なテレビではどう転んでもNewファミコン以外の本体ではプレイができません。ファミコンの方も増やしてほしいよなぁ。

でも企業としてはやはり自分たちの売り上げにはあまり関わらない旧型機種のソフトよりは最新機に力を入れたいのも事実なのでしょう。うん、いかんともしがたいところです。ひとまずは今手に入れたメタルマックス初代で何とか落ち着こうと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします。

アドセンス

アドセンス

-その他
-,

Copyright© スーパーファミコン第二世代 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.