スーパーファミコンソフト

超原人 かわいいキャラが大暴れ 

更新日:

スポンサーリンク

ソフト基本情報

発売年 1994年
発売元 ハドソン
定価 9240円

PCエンジンの人気作が満を持して登場

スーパーファミコンが発売されていた時代、覇を競っていた二つのハードがあります。

それが、ハドソンのPCエンジンとメガドライブです。

どちらも名作ぞろいではあるのですが、スーパーファミコンに比べると、マニア向けなソフトラインナップ、などなどの点で、ゲーム好きの間では評価は高いのですが、セールス的な面では残念ながら及ばなかったそんなハードだったりします。

そんな二つのハードのうちのひとつPCエンジンで人気を博したアクションゲームが、PCエンジンの発売元である、ハドソンより発売されていた、PC原人です。PCエンジンをもじっているわけですが、主人公PC原人が悪の首魁「キングタマゴドン三世」を倒し、お姫様を救う、そんなシンプルなストーリーのアクションゲームなわけですが、はじめ人間ギャートルズのような世界観で、マンガ肉を食べると強くなる、主人公は原始人、攻撃は石頭を使った頭突きなどなど、コミカルな世界観でもあります。それでいながら、骨太な難易度で遊びごたえは抜群

そんなこんなで、PCエンジンの人気タイトルの一つであったわけなのですが、そんなPC原人のスーパーファミコン版が1994年に満を持して発売されました。

それが「超原人」(スーパーげんじん)世界観はそのままに、主人公をPC原人から、超原人に変え、世界観はそのままに、グラフィックが進化、遊びやすさもね、、、そんな作品なのであります。

わかりやすいけど奥が深い

個人的にアクションゲームの名作として、わかりやすい操作性というものがあると思うのですが、これも非常にわかりやすい操作性です。

ジャンプして、頭突きをかまして敵を倒していく、実にシンプルです。

ですが、それ以外に体の大きさを変えるキャンディーや(大、中、小になります)肉を食べての強化があることにより、奥が深くなっています。

若干のなぞ解き要素もあり、考えさせられる部分も多いのです。

ボリューム自体は全6ステージとスーパーファミコンの時代のゲームとしては少なめではありますが、上記のようなゲーム性でやりごたえはあります。

この時期のゲームはアクションゲームにしろ、そのほかのゲームにしろ、昨今より顕著になったゲームのプレイ時間の長時間化の萌芽のようなものが見られますが、(プレイがうまくなってもゲームの内容として必然的に時間がかかる)このゲームはそんなところはなく、うまくなれば、短時間でのクリアを目指すことができます。その辺のやりこみもほかのゲームと比べてやりやすいでしょう。

コミカルなキャラクターは好みが分かれるかも

このゲームの味の一つがコミカルなキャラクターです。

主人公の超原人、悪役のキングタマゴドン三世を含め、実にコミカル、世界観もそれに合わせて(本作の舞台は、日本、月、、多岐にわたります)独特な感じに仕上がっております。

こうした世界観完成度は高いのですが、いかんせんあくがつよい感じもします。マリオとかゴーゴーアックマンとかが好きな方はいいかもしれませんが、スタイリッシュなアクションゲームが好きだったりするとすこしへきえきするかもしれません。

個人的にはお気に入りのソフトではあります。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします。

アドセンス

アドセンス

-スーパーファミコンソフト

Copyright© スーパーファミコン第二世代 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.