スーパーファミコンソフト

バカだけどおもしろい 実況おしゃべりパロディウス

更新日:

スポンサーリンク

ソフトの基本情報

発売年 1995年
発売元 コナミ
当時定価 9980円

どんなゲーム

1995年コナミから発売されたオーソドックスな横スクロールシューティングゲームです。

グラディウスやその関連作品パロディウスの中で初めて家庭用で発売されたタイトルです。

八奈見譲二さんえんずる、タコによる実況解説も話題になりました。

内容は単純な横スクロールシューティングなのですが、

随所にコナミのセルフパロディーが埋め込まれた作品で、

スーパーファミコンの後期ということもあり、数多くのコナミの名作

がんばれゴエモン、ときめきメモリアルなどのパロディが繰り広げられました。

全体的にギャグタッチの作品です。

ゲームの随所では「いやーんもう」「あらやだ」などボヤッキーの声でおなじみの八奈見さんの実況が入り

時にはイライラさせられたり、盛り上がったり

そして場合によっては「気を付けてー」などゲームの攻略の助けとなるようなアドバイスを投げかけたりと、単なるギャグ要素や性能の無駄遣いといった感じではなくしっかりとゲームの一要素としてうまく機能しています。

いらいらする方は音声を消すことができるのも意外といいところです。

ちなみにほかのパロディウスの作品と違い、元となったゲームの曲が使用されており、ファンにはたまらない感じになっています。

ゲームは結構硬派

このようなパロディーたっぷりのギャグなゲーム

いわゆるバカゲーにも分類されたりする本作ですが、そこはコナミさんのシューティングゲーム本格的です。

登場キャラクターは全部で15体

登場キャラクターの操作は他社の名シューティングゲームをモチーフにしており、

キャラごとに攻略の仕方も異なるし、

ボスも、それぞれ、元ネタにちなんだ独特の動きをしており、じつに面白いです。

個人的にはボインビーとゴエモンコンパクトが好みです。冗談がすぎるところもまたセルフパロディーだからできるところでしょう。

これ以外には最終ステージではボスラッシュが登場するなど、シリーズでもっとも元ネタグラディウスに近いゲーム性をになっていて、かつ、一番やりごたえのある作品であると個人的には思っております。

難易度自体もやさしいからむずかしいまで選ぶことができ、

シューティングになれない人でも

シューティングジャンキーといえるようなシューティングゲームが大好きな人でも楽しめるような内容になっています。

こんな人におすすめ

シューティングゲームが初めての方におすすめです。

シューティングゲームでは名作と呼ばれる作品は硬派な世界観のものが多く、特にデザイナーが精神に異常をきたしているのではないか、という噂もたった、R-typeシリーズは難易度以外にも公式の設定や敵キャラのグラフィックなどトラウマものだったりします。

そんな中でパロディウスは徹底して、バカ、コメディ調です。そこがいいのです。

敷居が低くなっているんではないかと思います。

ですが、それでいて、完成度の低いシューティングゲームかといえばそうではなく、シューティングゲームの面白さは余すところなくぶち込まれています。

スーパーファミコン後期の作品ということで、ご多分に漏れず、販売本数が少なく、コナミ人気キャラのセルフパロディもの、希少価値といった様々な相乗効果によって、かなり価格が高騰しています。

それでも本当に面白い作品です。

ぼやっきーの声を聴くだけでもプレイの価値あり、

気にある方はプレイしてみてくださいね。

ちなみに前作極上パロディウスも実況機能こそありませんが、骨太かつバカで最高です。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします。

アドセンス

アドセンス

-スーパーファミコンソフト

Copyright© スーパーファミコン第二世代 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.